予防接種

予防接種について

予防接種当院では、インフルエンザや肺炎球菌などの各種予防接種を行っています。
在庫が無くなり次第終了となります。
電話でもWebでも予約を承っております。お気軽にお問合せください。

予防接種を受けられない方・注意が必要な方

以下に該当する方は、予防接種を受けられないまたは注意が必要な方です。

  • 発熱が37.5℃以上ある方
  • 重篤な急性疾患を引き起こしている方
  • 風疹・麻疹の予防接種を受ける予定で妊娠している方
  • ワクチンに含まれる成分のアレルギーがある方(卵や抗生物質・安定剤など)
  • 心臓病・腎臓病・肝臓病・血液の病気などの治療を受けている方
  •  予防接種2日以内に発熱や発疹、蕁麻疹などのアレルギー症状が現れた方
  • 今までにけいれんを起こしたことのある方
  • 過去に、免疫不全を診断された方、或いは近親者に先天性免疫不全の方がいる方

インフルエンザ

インフルエンザは、毎年冬の寒い時期に流行します。だいたい11月下旬頃から始まり、ピークを迎えるのは1月~3月上旬頃です。十分な予防効果を得るためには、その効果がピーク期間にまで持続することが大切です。インフルエンザワクチンは、摂取してから2週間後が効果を表すタイミングとなります。その後5カ月間効果が持続するので、12月中旬までに接種するのがベストとされています。
ただし、受験などで大事なスケジュールが12月にある場合は、11月中旬までに接種できるように調整が必要です。
予防接種は、インフルエンザ感染予防のほか、発症した場合の重症化や合併症を抑える効果も期待できます。予防接種を受ける人が増えることで、大きな感染拡大を抑えることが可能といった社会的なメリットもあります。
当院では、小学生以上の方を対象にインフルエンザ予防接種を行っています。
また、65歳以上の方がインフルエンザ予防接種する際には、公費助成対象(令和2年12月末まで)となります。

費用

インフルエンザ 一般(小学生以上) 4,000円(税込み)
インフルエンザ(相模原市65歳以上)

無料(令和2年12月末まで)

肺炎球菌

 

肺炎球菌は、肺炎菌であり、肺炎球菌ワクチン接種によって、発症や重症化予防が可能になります。肺炎は、日本における死因の第3位となっており、肺炎によって亡くなる人のおよそ97%が65歳以上とされているために、高齢者はとくに注意が必要です。
肺炎球菌ワクチンの効果は5年持続するとされているので、前回の接種より5年が経っている場合は再接種が必要です。

費用

肺炎球菌 お問い合わせください
肺炎球菌(公費対象の方)相模原市 お問い合わせください
TOPへ